費用を決める要素とは

ミニチュア

ダメージ度合いと容量で費用は異なる

データ復旧の費用は大きく分けて3つの要素で決まります。まずはデータの壊れ方の深刻度です。比較的軽度なのは初期化すればいいものや、ウィルスで一部がダメージを受けている場合などです。深刻なダメージだと分析して長期間の復旧期間が必要なので、費用も高くなります。この深刻度は実際に見てみないと判断はできないので、見積もりをしないと決まらない場合が多いです。データ復旧の費用を決める2つ目が機材の種類です。当然、コンパクトな機材の方が安く済みます。例えばUSBとパソコン本体とでは作業の量も異なってきますので、料金設定も違う場合が多いです。これはデータ量の差にもつながります。最後の3つ目がデータの容量です。容量が多いほど作業が多くなるので料金も高くなります。ですから、個人で使っているようなパソコンよりも、会社で使っているような大きなデータ容量のパソコンの方が費用は掛かります。構造が複雑になるため、その分作業も手間が掛かるからです。このように費用は状態によって異なるので一概に決まっていません。ただし、高額で手が届かないということはないので安心して依頼できます。また複数の業者を比較することで、質と料金で良心的な業者もあります。まずは安心できて、高いスキルを持ったデータ復旧のプロを見つけることが、安心で確実なことは修理の第一歩であり、一番大切なことです。比較はひと手間かかりますが、ここにポイントに置けば、後は相談してお任せするだけです。